ISO22000を取得しよう【世界から認められる企業へ】

防ぐ対策方法はある

操作

企業でネット環境を扱っているアプリケーション会社が増えていますが、その扱っているパソコンには沢山の情報が詰まっています。例えば、個人情報や機密情報などです。これらを外部から攻撃されないようにWAFの対策を取らなければなりません。このWAFとは、アプリケーションが外部からの攻撃や侵入を防ぐ対策になります。一般で、外部からの攻撃を防ぐためには、FirewallやIPSといった物があります。ですが、この2種類では、近年になってサーバーを守ることができなくなってきているのです。なので、2種類にプラスしてWAFを導入することで、インジェクションとスクリプティング攻撃の2種類を防ぐことができるようになります。この2種類は防御することが難しいとされていてWAFを導入していない会社が対策するのはとても難しいでしょう。

ネットを使う人が増えるだけ、アプリケーションは増えてきます。そのアプリケーションに間接的にウイルスが仕込まれていたら対策をとることが難しいでしょう。このウイルスに感染してしまう攻撃は、通常企業でアプリケーション製作をするのであれば、企業内でセキュリティの専門家がいる部署で対策することになります。しかし、最近は一般の人でも簡単にアプリケーションを作ることができるようになっているので、そうなればウイルスに感染していることに気づくことができません。このような事態を防ぐためには、コンサルタントに依頼してWAF導入を相談すると良いでしょう。コンサルタントを行なっている人は、いくつもの対策を行なってきたプロなので、問題を解決してくれるでしょう。